【ホンダコレクションホール 歴代カブ試乗】静かで丈夫! 子どもの頃に慣れ親しんだ姿や音

1199203.jpg

高性能で扱いやすくて燃費がいい。
しかも丈夫で壊れないという魔法のエンジン。
それが50年も前から当たり前すぎて、誰も気付かないほどになっていたのだと乗りながら思った。
『スーパーカブ』だ! 1966年(昭和41年)製の『C50』である。

初代『スーパーカブC100』(1958年=昭和33年発売、OHV50ccエンジン)が
デビューしてから6年が経った1964年(昭和39年)。

生産累計台数400万台突破目前という好調なセールスを続けていたが、
ホンダは将来を見据えた、より耐久性が高く静かなOHCエンジンを新たに開発し、
まずは65ccのモデルに積んだ。

このOHCエンジンこそが、スーパーカブの長年のスタンダードエンジンとなっていく。

【ホンダコレクションホール 歴代カブ試乗】静かで丈夫! 子どもの頃に慣れ親しんだ姿や音

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント