【独ボッシュ二輪技術説明会】電話応対などスマホ操作がハンドルのスイッチで可能---ICCがスゴイ!

1195024.jpg

モーターサイクル向け安全技術のリーディングサプライヤーとなっているボッシュ。

ドイツ・ボックスベルグの自社テストコースでおこなわれたメディア向け技術説明会では、
実際にそのテクノロジーの数々を体験することができた。
興味深いのは『インテグレーテッド・コネクティビティ・クラスター(ICC)』だ。

従来のメーターパネルに代わるものとして開発されたディスプレイ式ライダー インフォメーション システムで、
まず色彩と画面がとても鮮明で直射日光のもとでも変わることのない画面の見やすさに驚く。

そして自分のスマートフォンと接続すれば、ヘルメットに内蔵したヘッドセットで電話に出たり、
音楽を聴いたりすることができる。

すでにKTM『1290スーパーアドベンチャー』に採用されており、
記者も音楽を流しつつテストコースを走ってみた。

【独ボッシュ二輪技術説明会】電話応対などスマホ操作がハンドルのスイッチで可能---ICCがスゴイ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント