【独ボッシュ二輪技術説明会】バイクとクルマとインフラをネットワーク化すれば事故の1/3は防げる

1195042.jpg

自動車と交通インフラをネットワーク化することに早くから着目し、開発を進めているボッシュ。
モーターサイクルもまた同様であることが、
ドイツ・ボックスベルグで開かれた報道向け技術説明会で明らかになった。

なにもバイクのメーター画面上でネットサーフィンができるということを意味しているのではなく、
クラウドデータに基づく予測的な警告と情報をライダーが走行中に得て、
ライディングをより安全に快適なものにしようとしているのだ。

ボッシュは先ず2015年に、
世界初となる二輪車用ライダー アシスタンス システム『サイドビューアシスト』を発表している。

これは超音波センサーによって車両両側最大5mの周囲を監視し、
ライダーの死角にクルマが存在すればミラー近くの視覚信号を使って警告を発するというシステムで、
道路の反対側を走る対向車や駐車車両もコントロールユニットで識別可能となった。

【独ボッシュ二輪技術説明会】バイクとクルマとインフラをネットワーク化すれば事故の1/3は防げる
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント