【独ボッシュ二輪技術説明会】旋回中もフルブレーキが可能…MSCの高い安全性を実感

1196748.jpg

ドイツ・ボックスベルグで開催された
ボッシュ株式会社モーターサイクル・パワースポーツ部主催のメディア向け技術説明会で、
同社のモーターサイクル用テクノロジーが11カ国から集まったジャーナリストらに次々と紹介された。

記者も体験し、その高い安全性と先進性を感じたのは
『モーターサイクル用スタビリティ・コントロール・システム(MSC)』だ。

これは前後連動式ABSを技術的なベースとしたもので、
多数のセンサーと最新のソフトウェアが組み込まれた先進的なシステム。
車体の傾斜角とピッチ角に応じたABSコントロールであったり、
トラクションコントロールが最大エンジントルクを自動調整するなど
さまざまなセーフティ機能を持ち合わせているが、
まずはコーナーでも安全なブレーキングを可能としていることがよくわかった。

順を追って説明すると、まず車輪がロックする兆候を検知すると、
ブレーキ圧を制御しホイールロックを回避するのが『アンチロック・ブレーキ・システム』つまりABSだ。

ライダーはフルブレーキ時も操舵性を確保することができ、
より素早く車両を停止させることが可能になる。

【独ボッシュ二輪技術説明会】旋回中もフルブレーキが可能…MSCの高い安全性を実感
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント