元WGP250チャンプ原田哲也がKTMアンバサダーに就任…クールデビルと言われた華麗な走りを披露

1197862.jpg

5月下旬に千葉県・袖ヶ浦サーキットにて開催されたKTMのメディア向け試乗会に、
元ロードレース世界選手権(WGP)GP250チャンピオン(1993年度)の原田哲也さんの姿があった。

原田選手といえば、現役時代、イタリアで最も有名な日本人とも言われ、
WGPでの優勝回数(通算17勝)と表彰台獲得数(55回)は日本人最多を誇っている。
言わば日本のレジェンドライダー、MotoGPのテレビ放送解説などでもお馴染みだ。

今回着ているのは、KTMのウェア。お話をうかがってみると『2017年KTM アンバサダー』に
就任したとのことで、今後、KTMが主催するさまざまなレースやイベントに参加するという。

「とにかくオートバイをユーザーの皆さまと一緒に楽しみたいですね。
MotoGPの面白さなども伝えていきたいと思っています」(原田さん)

集まった報道陣を前に、『390DUKE』や『250DUKE』など
新型デュークシリーズでのライディングも披露したが、
“クールデビル”と世界のトップライダーらから恐れられた冷静沈着な走りは健在で、
DUKEシリーズの高いスポーツ性能も証明して見せた。

元WGP250チャンプ原田哲也がKTMアンバサダーに就任…クールデビルと言われた華麗な走りを披露
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。