【ホンダ CBR250RR】日本仕様はラジアルタイヤと専用の足まわりセッティングを持つ[開発者インタビュー]

1195678.jpg

待望の国内デビューとなったホンダ『CBR250RR』。
先行発売されたインドネシア仕様との相違点は多い。
開発責任者である株式会社本田技術研究所 二輪R&Dセンター 河合健児さんはこう話す。

「日本仕様を語るうえでにポイントのひとつが専用のカラーリングです。
デザイナーはカラートレンドを把握した上で、カラーリングコンセプトを成立させました。
3種類用意し、日本とインドネシアでカラーリングコンセプトそのものに違いはありませんが、
レッドとシルバーに関してはより日本のお客様に向けた色調を適用しています」

「レッドはカウリング、フレームともにCBR1000RRと同色とすることで、
よりCBR-RRシリーズとしてのアイデンティティを表現しました」

「シルバーはインドネシアのダークトーンのカラートレンドに沿った色調から、
あえて明るい色味に変更することでカウリングデザインのシャープさをより強調し、
日本のお客様の趣向に合わせています」

「なお、日本のCBR250RRは熊本製作所での塗装とすることで、
高水準の平滑度と光沢を持った塗装表面を実現しています」

【ホンダ CBR250RR】日本仕様はラジアルタイヤと専用の足まわりセッティングを持つ[開発者インタビュー]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。