【ホンダ CBR250RR】若い開発陣で、一目で見ただけで“凄さ”が伝わるものを[開発者インタビュー]

1195637.jpg

ライバル車が多い250ccスポーツクラスで、
発表後わずか3日間で年間販売計画台数3500台を上回る受注数を得るという
大ヒットモデルとなったホンダ『CBR250RR』。

その開発責任者、株式会社本田技術研究所二輪R&Dセンターの河合健児さんにお話しを聞いてみた。

「CBR250RRは朝霞(埼玉県)の二輪R&Dセンターで開発しました。
2015年、東京モーターサイクルショーへのコンセプトモデル出展から好評を得て、
インドネシアモデルを昨年発売。日本のみなさまにはたいへんお待たせしました」

「日本のCBR250RRは専用仕様として開発プロジェクトを立ち上げ、
インドネシア仕様同等の出力特性を確保しながら、平成28年排出ガス規制をクリアするなどしたほか、
より日本のライダーに合わせたタイヤやサスペンションのチューニング、
また日本専用のカラーリングを施しました」

【ホンダ CBR250RR】若い開発陣で、一目で見ただけで“凄さ”が伝わるものを[開発者インタビュー]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。