【ホンダ CBR250RR】必要だったのはバイク好きである自分自身を裏切らないという覚悟[開発者インタビュー]

1195651.jpg

大人気となっているホンダ『CBR250RR』。
開発責任者である河合健児さん(株式会社本田技術研究所 二輪R&Dセンター)はこう言う。

「ものづくりの判断基準は、それが本当に欲しいかどうかです。
(若手が集まった開発チームの)各メンバーには
ひとりのバイク好きである自分自身を裏切らないという覚悟を求めました」

「そしてこのような若いメンバーの価値を最大限に発揮させるため、
コンセプト作りから始まる意思決定のプロセスにはチーム全員を関わらせました」

「CBR250RRの開発コンセプトは、直感、体感、新世代“RR”です。
意味合いとしましては、一目で魅せる姿、気持ちよく走れる、
進化したスーパースポーツ、の具現化となります」

【ホンダ CBR250RR】必要だったのはバイク好きである自分自身を裏切らないという覚悟[開発者インタビュー]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント