ハーレーダビッドソン「ブルースカイヘブン」は2日間で9000人動員

1189531.jpg

毎年恒例となっているハーレー乗りたちのビッグイベント『BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン)』が、今年も富士スピードウェイにて5月20日から21日の2日間にわたって開催され、およそ9000人が集まった。

ミュージック&キャンプ・フェス、ブルースカイヘブンは今年で19回目。
1998年より毎年開催され、ハーレーを所有するオーナーが集まるイベントとしては国内最大規模となる。

全国から集まってくるユーザーどうしの交流が醍醐味であるのはもちろん、
今年はヘッドライナーに『Gotch & The Good New Times』を迎えるなど、
特設ステージでは幅広いジャンルのアーティストたちのパフォーマンスが繰り広げられた。

また、全長4563mもの国際格式のレーシングコースを使って最新モデルが試乗できる『TEST RIDE』をはじめ、
およそ1,000台近い数のハーレーが隊列を組んで走行する『チャプターパレード』、
往年のハーレーが激走する『ビンテージ H-D レーシングエキシビジョン』、
迫力の『ドラッグマシン エキシビション』など、バイクファンにはたまらないプログラムが目白押し。

ハーレーダビッドソン「ブルースカイヘブン」は2日間で9000人動員
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント