高いプレミアム性は日本のサプライヤーのおかげ…トライアンフCEO談

1184531.jpg

トライアンフモーターサイクルズジャパンの
フラッグシップストア『トライアンフ東京』(東京都武蔵野市吉祥寺南町)の
グランドオープニングセレモニーが5月11日におこなわれ、
トライアンフ英国本社よりニック・ブロアー代表取締役が来場した。

記者会見でニック・ブロアー氏は「(現存する)もっとも旧いモーターサイクルブランド」と、
1902年設立の伝統あるブランドであることに加え、
1983年に父であるジョン・ブロアー氏がトライアンフの商標権を購入した歴史をまず説明。

現況については「アジアを含むすべての大陸で販売網を展開しており、
700を超える店舗を展開。工場は英国に2つ、タイに2つ、
そしてブラジルとインドにそれぞれノックダウン工場を持っていますが、
なかでもタイの工場がもっとも大きく、設備も最新のものを有しています」
と述べた。

高いプレミアム性は日本のサプライヤーのおかげ…トライアンフCEO談
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント