【MotoGP 第4戦スペイン】ホンダが1-2、ドゥカティは表彰台100回達成

1183154.jpg

ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとって、第4戦スペインGPは完勝といえるものだった。

7日の決勝日、ヘレスサーキットは気温が28度まで上がり、
路面温度は40度を超えるというタイヤに厳しいコンディション。
しかしペドロサは、地元ファンからの大きな声援もあって、圧倒的な速さを披露した。

好スタートを切るとそのまま一気にペースを上げ、
27周のレースでトップの座を他者に一度も譲ることなく、真っ先にチェッカーを受けた。
ポール・トゥ・ウィンだ。

2位にはチームメイトのマルク・マルケスが入り、
『Repsol Honda Team』にとっては2015年ドイツGP以来2年ぶりの1-2フィニッシュを達成。

3位はホルヘ・ロレンソ(Ducati)で、ドゥカティは今シーズン初の表彰台を獲得。
これでドゥカティのMotoGP通算表彰台登壇回数は、節目となる100に達した。

【MotoGP 第4戦スペイン】ホンダが1-2、ドゥカティは表彰台100回達成
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。