【ハーレー ストリートロッド】ハーレー初の前後17インチ、ハンドリングよりシャープに

1179518.jpg

これがあのハーレーダビッドソン…!?
高いハンドルで、両足を伸ばすようにして乗るライディングポジションはどこへやら。
登場したばかりの最新モデル『ストリートロッド』は、
上半身を前傾気味にして乗るスポーツバイクなのだ。

エンジンは伝統のVツインを踏襲しているが、水冷式に。
排気量は750ccと、ハーレーにしては小さい。

見るからにアグレシッブな車体をじっくり見ていくと、
まず前後ホイールが17インチとこれまたスポーティ。

このサイズはMotoGPといった二輪最高峰のレーシングバイクにも採用される、
ハンドリングがもっともシャープなサイズ。
前後17インチのハーレーダビッドソンは、これが初だ。



【ハーレー ストリートロッド】ハーレー初の前後17インチ、ハンドリングよりシャープに
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。