【ハーレー ストリートロッド】前傾姿勢で乗る“ナナハン”ハーレー、熱い走りに自信

DSC_8940のコピー

ハーレーダビッドソンは4月19日から22日の期間、
シンガポールにて新型『ストリートロッド』のメディア向け試乗会を開催した。

ストリートロッドは水冷Vツインを搭載する『ストリート750』のバリエーションモデルとして新発売され、
ボア85mm×ストローク66mm、排気量749ccのエンジンをリチューンし、
前後サスペンションをグレードアップした同社の最新モデルだ。

◆販売好調の「ストリート」

最初に開かれた技術説明会では、
ハーレーダビッドソン モーターサイクル プロダクト プラニング ディレクターの
ピーター・ケプラー氏が次のように説明した。

「2015年および16年の米国におけるスモール・クルーザー市場(601~1200cc)において、
ストリート750の販売台数はすべての競合に勝るものでした」

【ハーレー ストリートロッド】前傾姿勢で乗る“ナナハン”ハーレー、熱い走りに自信
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。