【ホンダ レブル500/250】“くびれ”にこだわった…電装BOXを設置 開発者談

1178944.jpg

ついに発売となったホンダ『レブル500』と『レブル250』。
開発チームのひとり、本田技術研究所 二輪R&Dセンターの工藤知裕氏が、
4月18日に開いたメディア向け試乗会および技術説明会にて、こだわりのポイントを教えてくれた。

「まずヘッドライトですが、質感とサイズにこだわろうということで、
135mm径の丸型のガラスレンズを採用しました。

LEDも考えましたが、この小ささと薄さを実現するためには不向きでした。
アルミダイキャスト製のフレームでマウントし、シンプルなフロントマスクとなっています」

そして、新型レブルはシート高が690mmと低いうえ、
フレームがとことん絞り込まれ、足着き性が抜群にいい。

このシートまわり全体の“くびれ”を実現するために、
本来ならシートの下に配置されるECU、イグニッションコイル、リレーといった電装部品を、
燃料タンクとエンジンの間にあるトラス構造のフレーム部にボックスを作って収納している。

【ホンダ レブル500/250】“くびれ”にこだわった…電装BOXを設置 開発者談
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント