【ホンダ レブル 西海岸LA試乗】クセのあるハンドリングはNG…開発責任者談

1173690.jpg

「ビギナーが乗ったときも、ハンドリングでこわい思いをさせたくありませんでしたから、
クセのある操作感にはしたくなかったんです」

そう話すのは『レブル500』と『レブル300』のLPL(開発責任者)三倉圭太さん。
米国カリフォルニア・ロサンゼルスにておこなわれた現地メディア向け試乗会でのことだ。

新型レブルはフロントにファットタイヤを履く前後16インチの足まわりで、
タイヤサイズは前130/90-16、後150/80-16。
この迫力あるファットな前輪サイズはホンダでは初で、見るからにクセがありそう。

しかし三倉さんは、トレール量(110mm)やフォークアングルを徹底追求し、
フレームのヘッド角28度に対し、
フォーク取付角をプラス2度の30度とするスランテッドアングルとするなどし、
ニュートラルなハンドリングを実現した。



【ホンダ レブル 西海岸LA試乗】クセのあるハンドリングはNG…開発責任者談
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。