昔のXLRバハのように…ホンダ CRF250ラリー 開発責任者

1160975.jpg

Hondaは軽二輪アドベンチャーモデル『CRF250ラリー』を発売したが、
その開発責任者・杉山栄治氏(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)は、
同モデルを次のように説明している。

「2015年の大阪、東京モーターサイクルショーへの参考出展にはじまり、
ユーザーらの反響がコンセプト実現への大きな後押しになりました」

「もともと私はより多くの人にツーリングを楽しんでいただける、
昔のXLR、XLR250BAJAのようなトレール車をベースにした
走破性の高いツーリングモデルを提供したいという想いを持っていました」

「軽量な車体と長いサスペンション、粘り強いエンジン出力特性など悪路走破性の高さに加えて、
夜間でも安心の大型ヘッドライトを装備することで、
お客様のツーリングライフを支えていました。
私もそのようなバイクライフを謳歌していたひとりです」

昔のXLRバハのように…ホンダ CRF250ラリー 開発責任者
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。