トライアンフに活気…前年比153%、英国本社にビジターセンター開設、新機種デビューフェア開催など

1156223.jpg

トライアンフのニューモデル『ボンネビル・ボバー』は、
1940年代に発生したボバーカスタムを踏襲した1200ccモデル。
ムダをそぎ落とし、ミニマルな美しいスタイルを実現している。

トライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫代表取締役社長は、
「16年は計11車種もの新型車を日本市場に導入し、
大台の1800台にわずか3台届かない1797台を達成しました」
と、好調な販売により、年間登録台数として過去最高記録となったことを明らかにした。

対前年比では153%。全世界のトライアンフグループ全体としても、
過去最高の小売り台数約6万台を達成している。

「プラス53%の伸びは、トライアンフの全世界の支社の中でトップでありまして、
トライアンフモーターサイクルズジャパンとしましては、
トライアンフグループの成長にも大きく貢献できたと考えています」(野田社長)

トライアンフに活気…前年比153%、英国本社にビジターセンター開設、新機種デビューフェア開催など
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント