【試乗記】DUNLOP『SPORTMAX α-14』、荷重に対しリニアにたわみ踏ん張りが効き、乗り心地がいい!:青木タカオ

161129-2-1561-2-1.jpg

ワインディングやサーキットをアグレシッブに走るライダーに好評を得ている
ダンロップ『SPORTMAX α-13』が、『α-14』へと進化し発売された。

その試乗会が筑波サーキットにておこなわれ、レーストラックでヤマハYZF-R1やスズキGSX-S1000、
カワサキNINJA400、ホンダCBR250Rにてテストライドすることができたほか、
さらに筑波山までのショートツーリングでもホンダCBR1000RRで走ることができた。

試乗車すべてでα-13とα-14を装着した車両が用意され、
サーキットと一般道(市街地、ワインディング)にてじっくり乗り比べができるという、
じつに手の込んだ発表試乗会であり、同社の意欲と自信がひしひしと伝わってくる1日であった。

【試乗記】DUNLOP『SPORTMAX α-14』、荷重に対しリニアにたわみ踏ん張りが効き、乗り心地がいい!:青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント