【スズキ ジクサー】狙いは若年層、ベストバランスのエンジンは日本でも通用する…チーフエンジニア談

1142925.jpg

新発売の『ジクサー』について、スズキ二輪第一カーラインの田中強チーフエンジニアは、
記者会見の場で次のように説明した。

「ジクサーはインドにおけるスズキのフラッグシップモデルとして開発したモデルで、
2014年より現地生産し販売してきました。
スタイリッシュな外観、優れた走行性能、クラストップレベルの燃費性能、これらが高く評価されまして、
インド国内において13のバイク・オブ・ザ・イヤーを受賞することができました」

「このジクサーを日本仕様として見直しを図りました。
開発コンセプトは、スポーティなデザインと扱いやすさを備えた150ccネイキッドモデルです。
もともとインドの若年層をターゲットとして開発しており、
スポーティなデザイン、低中速を重視した扱いやすい出力フィーリング、素直な操縦安定性、
そして価格、これらのベストバランスを狙って開発されています」

【スズキ ジクサー】狙いは若年層、ベストバランスのエンジンは日本でも通用する…チーフエンジニア談
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。