【探訪、米国 ハーレーダビッドソン 博物館】ポルシェと技術提携、水冷V4搭載の幻のハーレー!!

1136772.jpg

Vツインエンジンが代名詞ともなっているハーレーダビッドソンだが、
かつてはそうでないモデルもあったことが、
『ハーレーダビッドソン ミュージアム』(アメリカ・ミルウォーキー)を訪れると知ることができる。

まずは1981年の『NOVA PROJECT』。大柄なフェアリングを持つ車体に搭載されるエンジンが、
水冷式のV型4気筒だから驚く。
ハーレー初の水冷エンジンといえば、2001年にデビューした『V-ROD』だが、
V-RODはV型2気筒エンジンを搭載する。

一方、NOVA PROJECTは1976年に開発をスタートするものの市販化には至らず、まさに幻のハーレー。
NOVAもV-RODもポルシェとの技術提携によるもので、
ミュージアムには当時の資料も展示されている。
一見の価値ありだ。

【探訪、米国 ハーレーダビッドソン 博物館】ポルシェと技術提携、水冷V4搭載の幻のハーレー!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。