【コンチネンタル技術説明会】旋回中でも安定をキープ…ABSの有効性を身をもって体験

1128242.jpg

コンチネンタル・オートモーティブのモーターサイクル用最新テクノロジーを体験する
『モーターサイクル・メディアワークショップ』が
同社の旭テストセンター(千葉県旭市)にておこなわれた。

スーパースポーツ『BMW S1000RR』に搭載されるABSをまず体験したが、
リアタイヤが浮いてしまうようなフロント荷重のハードブレーキをかけても、
前輪がスリップする感覚はなかった。

また、通常はコーナリング中にフロントブレーキだけを強くかけるという操作は、
バランスを崩しスリップ・転倒に繋がるためおこなわないのだが、
それも可能としているから安全性はきわめて高い。
実際、旋回中にブレーキレバーだけを強く握っても、何事もなく減速することができてしまう。

これは車体の傾斜角に応じてABS制御の感度を最適化するとともに圧力をスムーズに調整しているからで、
前輪と後輪のブレーキ圧が常にバランス良く配分されているため。
走行時の安定性とライダーの安心感が増し、要求どおりのブレーキを実行できるようになっている。

【コンチネンタル技術説明会】旋回中でも安定をキープ…ABSの有効性を身をもって体験
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント