【佐々木歩夢 インタビュー】ルーキーズカップチャンピオン…有言実行できてホッとしている

1110923.jpg

MotoGP日本グランプリが16日の日曜日に終わったばかりだが、
そんな世界最高峰の舞台に立つことに向け、着実と歩を進めている日本人ライダーがいる。

佐々木歩夢(あゆむ)選手、16歳。
今シーズン『レッドブル・MotoGPルーキーズカップ』のタイトルを日本人としては初めて獲得した
オンロードバイクレース界、期待のホープだ。

元GPライダーでもある父は「世界チャンピオンになる」という歩夢さんを
インターナショナルスクールに通わせ英語を習得させた。
そして昨年、歩夢選手はアジアの若手ライダーを育成する
『シェルアドバンス・アジア・タレントカップ』でチャンピオンに輝くと、
2年目となるルーキーズカップの今季ではシーズン4勝、
13戦で11回の表彰台にのぼる抜群の速さを見せつけ、ヨーロッパでも強さを示した。

その歩夢さんがトレーニングの一環として、
埼玉県川越市にあるダートコース『オフロードヴィレッジ』に現れ、インタビューに答えてくれた。
1年の大半をヨーロッパで過ごすだけに、16歳の素顔が見られる貴重な時間であった。

【佐々木歩夢 インタビュー】ルーキーズカップチャンピオン…有言実行できてホッとしている
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント