【ハーレー ローライダー試乗】トルクだけでなく鼓動感や排気音もアップ…青木タカオ

1105890.jpg

ハーレーダビッドソンの2017年モデルは、
ツーリングファミリーらに新型エンジン「Milwaukee Eight(ミルウォーキーエイト)」が
搭載され注目が集まっているが、ダイナファミリーにも大きなトピックスがある。

これまでの「TWINCAM(ツインカム)96」エンジンを103化し、ピークトルクを8%向上したのだ。
数値が示すのはキュービックインチ、つまり1584ccだった排気量を1689ccに増やしている。

ダイナファミリーの代表格といえば『LOWRIDER(ローライダー)』。
日本に上陸を果たしたばかりのローライダーを北海道でテストライドした。

【ハーレー ローライダー試乗】トルクだけでなく鼓動感や排気音もアップ…青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。