ツーリングの聖地で新型ハーレーの快適性向上を実感…HDJ社長も手応え

1105917.jpg

ハーレーダビッドソン ジャパン(HDJ)は9月下旬、
北海道にて1グループ2日間ずつのメディアツアーを2回に分けて開催。
阿寒湖畔のリゾートホテルにて2017年モデル技術説明会をおこない、
2日間にて600km超をライディングするツーリングを実施した。

HDJフィールドオペレーションディレクターの平田寿樹氏は、
新作エンジン「ミルウォーキーエイト」がツーリングファミリーなど9機種に搭載され、
4バルブ&1カム化したことなど詳細を明かすと
「パワーとトルクが向上するだけでなくメンテナンス費用を低減し、信頼性を上げています。
そしてハーレーらしい鼓動は残しました」
と、付け加えた。

ツーリングの聖地で新型ハーレーの快適性向上を実感…HDJ社長も手応え
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。