また新たなる伝説に…ハーレーV-ROD&Sシリーズが販売終了へ

1104985.jpg

ハーレーダビッドソンジャパンは、『V-ROD』および『Sシリーズ3機種』が、
2016年生産分で販売を終了することを発表した。

V-RODは2002年に登場した水冷Vツインを搭載したモデル。
1994年からレーシングシーンで活躍した「VR1000」をベースに、
公道向けモデルとしてポルシェと共同開発された。
ハーレーといえば空冷VツインOHVエンジンというイメージを覆し、
唯一の水冷DOHCエンジンを搭載。
登場時は次世代のハーレーとして、世界中のバイクファンから注目を浴びた。

2008年モデルで1131ccだった排気量を1246ccに拡大。
サーキットからフィードバックされたスリッパークラッチなど、
先進的な技術が惜しみなく投入された。

また新たなる伝説に…ハーレーV-ROD&Sシリーズが販売終了へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。