【試乗記】最速レポート! ハーレーダビッドソン新エンジン「ミルウォーキーエイト」PART1:青木タカオ

01-01_TR1_1439-2.jpg

ついに登場したハーレーダビッドソンのニューエンジン「Milwaukee Eight(ミルウォーキーエイト)」。
その正体をいち早く突き止めるため、
アメリカ・タコマ(ワシントン州)で開催された試乗会に日本から乗り込んだ。

全米からはもちろん、メディア陣が世界各国から集まったワールドワイドな発表試乗会とあって規模は大きい。
なんといっても、1909年から連綿と続く伝統のVツインエンジンが刷新されたというのだから
世界中が注目しないわけがない。
日欧米の大型モーターサイクル成熟市場国からだけでなく、
中国やタイ、インドネシアなど今後ハーレーユーザーが増えることが予想されるエリアからも
「ハーレーの最新エンジンはいかに......!?」
と、大勢のジャーナリストが駆け付けた。

【試乗記】最速レポート! ハーレーダビッドソン新エンジン「ミルウォーキーエイト」PART1:青木タカオ









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。