【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

1080282.jpg

今年の鈴鹿8耐は、サーキットの外にもモンスターマシンが佇んでいる。

『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』では、『チーム38』の時速347.54km達成車、
さらに谷田部高速周回路で時速385kmを叩き出した『トリックスター』仕様、
そして市販版と、3台の『H2R』が並んだ。

「自分たちが作ったバイクの力試しをしたい」と、カワサキの社内有志で結成されたのがチーム38。
昨年は米国カリフォルニア州モハーヴェ空港の滑走路で時速347.54kmを記録。
1.6kmのストレートをわずか25秒で駆け抜けた。

【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。