【ムルティストラーダ 1200エンデューロ 550km試乗】オフロードでも追求されたドゥカティの走り…青木タカオ

1076546.jpg

ドゥカティ『ムルティストラーダ1200エンデューロ』を2日間かけて、
全行程550kmの道のりで乗り込んだ。
市街地、高速道路、ワインディング、オフロードなど、あらゆるシチュエーションで、
それも雨が降ったりドライになったりしたなか走ることができた。

もっとも印象に残っているのが、ダートでの走破性の高さ。
ベースとなっている「ムルティストラーダ1200/S」では、
足まわりを前後17インチとしているが、
このエンデューロではフロントホイールを19インチ化し、
リアタイヤのサイズも細めている。

さらにサスペンションのストローク量を30mm伸ばし200mmとしたほか、
205mmだった最低地上高を236mmにと上げた。

【ムルティストラーダ 1200エンデューロ 550km試乗】オフロードでも追求されたドゥカティの走り…青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。