【試乗記】充実の足まわりと元気なエンジンに夢中!「TRIUMPH THRUXTON 1200 R」:青木タカオ

2JAIA_2-034.jpg

どの回転域からでも強烈なダッシュが味わえるパラレルツインエンジンが、なんとパワフルで気持ちいいことか。
鋭いスロットルレスポンスと軽快な車体の動きで、時間を忘れるほどにスポーツライディングに没頭してしまう。
"R"の称号は伊達じゃない、じつにスリリングな走りが味わえる!

フルモデルチェンジしたばかりのスラクストンRは、60年代の名車のネーミングを受け継ぐ由緒正しきモデル。
昨秋登場したばかりのボンネビルT120をベースに、
スーパースポーツも顔負けのショーワ製BPF(ビッグピストンフロントフォーク)や
オーリンズ・ツインショックといったフルアジャスタブル・サスペンションを備え、
さらにブレンボ製ラジアルマウント・モノブロック4ピストンキャリパー+マスターシリンダー、
前後17インチ・ワイドラジアルタイヤという強力な足まわりを持つ。


【試乗記】充実の足まわりと元気なエンジンに夢中!「TRIUMPH THRUXTON 1200 R」:青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。