積極的にフロントを使って攻め込める…ダンロップ SPORTMAX α-13SP

1055908.jpg

新発売されたばかりのダンロップ 『SPORTMAX α-13SP』は、
アジアロード選手権アジアプロダクション250cc(AP250)のワンメイクタイヤとなっている。

そのチャンピオンであるTRICKSTAR レーシングの山本剛大選手の姿が、
筑波サーキットにて開催されたプレス発表試走会にあった。

いったいどんなタイヤなのか?

「乗ってみての第一印象は、フロントタイヤの進化を感じました。
ギャップの収束性が高いので、コーナーの旋回性が良くなり、
積極的にフロントを使って攻め込めることができます」。

さらに山本選手は
「ウォームアップも早いので1周目から積極的に走れますし、
ライフにも優れ、フロントは周回を重ねてもほぼタレません。
リアもかなり周回できます」
と、高く評価する。

積極的にフロントを使って攻め込める…ダンロップ SPORTMAX α-13SP
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。