ハーレー3万台が地中海沿いのリゾートに集結…EUROフェスティバル2016

1055191.jpg

ヨーロッパのハーレー乗りが一堂に会する公式ビッグイベントの1つ
「ユーロフェスティバル」が4月28日~5月1日、南フランス・サントロペにて開催された。
10回目を迎える今回は、3万台のバイクが地中海沿いのビーチリゾートに集結した。

ライブイベントや試乗会、カスタムバイクショーなどで海岸沿いのイベントスペースも大いに賑わったが、
バイクと人で溢れかえったのは会場のみならず街全体。

フランス南部プロヴァンス地方にある人口5700人ほどの静かな高級リゾートが、
ライダーだらけの週末を迎え、まさにフェスティバル=お祭り騒ぎとなった。

熱狂に包まれたメイン会場には、ハーレーの最新ダークカスタムがディスプレイされたほか、
イタリアやフランスのH-Dディーラーがブースをならべ、独自のカスタムを展示。

H.O.G.会員が利用できる「Harley Bar」や、
さまざまなライダーズアイテムやカスタムパーツが売られるショッピングスペースなど、
1日中歩き回っても飽き足らない内容で、
来場しているバイクもハーレーに限らず、
なんでもウェルカムの様子だ。

ハーレー3万台が地中海沿いのリゾートに集結…EUROフェスティバル2016
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。