【ハーレー ロードスター】シートパッドはアーマードジャケットにインスパイア

1052029.jpg

4月19日に発表されたばかりのハーレーダビッドソンの新機種『ロードスター』の実車を、
フランス・マルセイユで目の当たりにした。
まだ日本に上陸していない出来たてホヤホヤのニューモデルだ。

実車を見てまず感じるのは、純粋にライディングを追求してきたなということ。
前後サスペンションがスラリと長く、
足着き性やシルエットを重視したローモデルにはない軽快感が全身から漂っている。

インナーチューブ径43mmの倒立式フロントフォークはVロッドやXR1200/Xに採用されてきたが、
H-D社プロダクトプランニング・ディレクターのポール・ジェームス氏によると、
新開発のプレミアムライド・カートリッジ式で、4.5インチ(115mm)のホイールトラベルを確保。

専用のトリプルクランプでマウントされ、
フォーク取付幅は1200カスタムや1200スーパーロー、スーパーロー(883)らと同じ
8.5インチのワイドタイプとなっている。

【ハーレー ロードスター】シートパッドはアーマードジャケットにインスパイア
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。