外国人が日本をツーリングの舞台に選ぶ理由…鈴鹿8耐、MotoGPに高い関心

1040346.jpg

レンタルバイクを利用して、富士山周辺、伊豆箱根を3泊4日で周遊する台湾人ライダー12名のグループに、
日本をツーリング先に選んだ理由を聞いてみた。

まず、口を揃えて言うのが「日本が好きだから」。
なぜかと問うと「人が礼儀正しく、道や街もキレイ。
富士山や北海道、京都など見どころもたくさんある」という。

聞いたのは4月中旬の日曜日、箱根十国峠レストハウス。
今回のお目当ては「富士山、温泉、和食、そしてなんといっても開花中の桜」だ。

メンバー全員が日本へは何度も訪れたことがあり、台湾で大排気量バイクを所有するいわゆる富裕層。
BMW『R1200GS』やハスクバーナ、ヤマハ『TMAX』に『SR400』と、
大型バイクを複数台所有するリーさんもそうで、
北海道と九州をそれぞれぞ2回ずつツーリングしたことがあり、
日本でのバイク旅行はこれでなんと7回目という。

外国人が日本をツーリングの舞台に選ぶ理由…鈴鹿8耐、MotoGPに高い関心
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。