【東京モーターサイクルショー16】全国70ヶ所で試乗会開催…ハーレーダビッドソン

1032878.jpg

ハーレーダビッドソンは先の大阪モーターサイクルショーに続き、
話題のニューモデル2台『ローライダーS』と『CVOプロストリート ブレイクアウト』をディスプレイし、
プレスカンファレンスで改めて発表した。

両モデルとも110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載し、
ビキニカウルとトールバーを備えたローライダーSは、カットフェンダーにソロシートをセット。
CVOプロストリート ブレイクアウトはスピードスクリーンやストレートバーを装着し、
ドラッグレースマシンを強く意識したロー&ロングスタイルとしている。

ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長は、
今回のブースと4月からの公式イベントについても言及した。

【東京モーターサイクルショー16】全国70ヶ所で試乗会開催…ハーレーダビッドソン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。