【東京モーターサイクルショー16】スクランブラー販売好調、今年もシックスティ2に期待…ドゥカティジャパン

1032565.jpg

本日より開幕した東京モーターサイクルショー16。
ドゥカティジャパンの加藤稔 代表取締役社長は東京ビッグサイトの会場でおこなわれたプレスカンファレンスで、
昨年の販売実績を発表した。

まず世界市場では右肩上がりが続いており、
昨年は5万4800台の登録台数を記録。前年比22%の売上げアップで、
ニューモデルの『スクランブラー』が1万6000台を占めた。

日本でも好調で昨年は2713台を販売。
今年は普通二輪免許で乗れる400ccの『スクランブラーシックスティ2』を販売するので、
3000台後半まで伸びるのではないかと見ているという。

【東京モーターサイクルショー16】スクランブラー販売好調、今年もシックスティ2に期待…ドゥカティジャパン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。