【大阪モーターサイクルショー16】ミドルクラスのBMW モトラッド、G310R 登場

1030272.jpg

BMW モトラッドのブースには、
スチールフレームを骨格とした軽快な車体に313cc単気筒エンジンを積む『G310R』の姿があった。

ボア80mm×ストローク62.1mm、最高出力34PSを発揮するシングルエンジンは、
後方排気・後傾シリンダーが大きな特徴だ。
低重心化とフロントタイヤへの荷重をアップすると同時に、ホイールベースを短縮することにも貢献する。

足まわりも抜かりはない。
ゴールドアルマイトが施されたインナーチューブ径41mmの倒立式フロントフォークに、
フロントブレーキは対向4ポッドラジアルマウントキャリパーと300mmシングルディスクの組み合わせ。

【大阪モーターサイクルショー16】ミドルクラスのBMW モトラッド、G310R 登場
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。