【WMX第2戦】フェーブル完勝、昨季チャンピオンがランキング首位に

タイ・スファンブリでおこなわれたモトクロス世界選手権第2戦は、
ディフェンディングチャンピオンがついに実力を発揮。
Monster Energy Yamaha Factory MXGPのロマン・フェーブルが両ヒートで勝ち、
ランキングトップに躍り出た。

土曜日の予選、2位のタイムで終えたフェーブル。
3月6日、日曜日の決勝レース第1ヒートでは、KTMのA.カイローリを2番手で追う展開に。
気温37度の猛暑と湿気の中、12周目。カイローリの前に出ると、
そのままペースを上げフィニッシュした。

第2ヒートはスタートからリーダーに立つと、そのままフィニッシュまで快走。
2位のB.タウンレイ(スズキ)に、6秒以上の差をつけての危なげないレースだった。

【WMX第2戦】フェーブル完勝、昨季チャンピオンがランキング首位に
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。