【ホンダ アフリカツイン】Vツインを捨て、パラレルツインを新開発

1019189.jpg

ホンダのニューモデル『CRF1000L アフリカツイン』は、
完全新設計の直列2気筒998ccエンジンを積む。

ボア×ストローク:92.0×75.1mm、最高出力68ps/7500rpm、最大トルク95kg-m/6000rpmを発揮。
そのニューエンジンの開発設計を担当したのは、本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯田晃祥氏だ。

2月中旬、福島県いわき市のモトクロスコース、
モトスポーツしどきでおこなわれたメディア向け試乗会/技術説明会で、話を聞くことができた。

【ホンダ アフリカツイン】Vツインを捨て、パラレルツインを新開発
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。