【ホンダ アフリカツイン】新設計フレームは様々な状況に対応する剛性バランス

1019146_201602240105398f5.jpg

2月22日に発売したホンダのニューモデル『CRF1000L アフリカツイン』。
そのメディア向け試乗会、技術説明会で、本田技術研究所二輪R&Dセンターの山倉裕氏は、
自らが担当した車体設計について言及した。

まず車体サイズ。
「前モデルのXRV750 アフリカツインと同等です。
フロントタイヤのアクスルシャフトと、
フレームピボットの間隔は旧アフリカツインに比べて8mm短くなっていますから、
オフロードを走行中、フロントタイヤがより近く感じ、操作しやすいと思います」

「フレームはオフロードで適度な“しなやかさ”をライダーに感じさせるために、
前作のアフリカツインやCRF450ラリー(ダカールラリー参戦モデル)にも
採用したセミダブルクレードル構造です」

【ホンダ アフリカツイン】新設計フレームは様々な状況に対応する剛性バランス
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。