【ホンダ アフリカツイン】これぞアフリカツイン! 胸を張って言える…開発責任者

1019089.jpg

モトスポーツランドしどき(福島県いわき市)にて2月16~18日に開かされた
『CRF1000L アフリカツイン』のメディア向け試乗会。
開発責任者である本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯塚 直氏は、こう言う。
まず、アフリカツインの歴史について。

「アフリカツインは1988年にホンダが世界に先駆け、
アドベンチャースポーツというコンセプトで、XRV650というモデルで具現化し、
新しい価値観とともに新たな市場創造に挑戦しました。
その後も、世界の多くのお客様に アフリカツインのコンセプトや価値観が支持され、
1988年の発売開始から全世界で累計約7万3000台を販売し、
生産終了後も多くのお客様に愛用され続けています」

【ホンダ アフリカツイン】これぞアフリカツイン! 胸を張って言える…開発責任者
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。