【ホンダ アフリカツイン】DCTに絶対の自信…悪路で威力を発揮する

1019123.jpg

新開発の水冷直列2気筒998ccエンジンを、
真新しいシャシーに搭載したホンダ『CRF1000L アフリカツイン』。
そのメディア向け試乗会と技術説明会は、
発売日である2月22日を直前に控えた2月16~18日、
モトスポーツランドしどき(福島県いわき市)でおこなわれた。

開発メンバーのリーダー格、本田技術研究所二輪R&Dセンターの工藤哲也氏は、
そこでCRF1000L アフリカツイン<DCT>に採用する
DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)について説明した。

「ツーリングバイクとして、快適に走るために搭載したという側面がある一方で、
オフロードでの走破性を高めるためにも有効です」

【ホンダ アフリカツイン】DCTに絶対の自信…悪路で威力を発揮する
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。