【ホンダ アフリカツイン】完全新設計のオフローダー、DCT仕様も

1019063.jpg

昨秋の東京モーターショーで、本邦初披露となったニュー・アフリカツイン。
『CRF1000L アフリカツイン』として2月22日、ついに国内仕様車が発売される。

ホンダはメディア向け試乗会をモトスポーツランドしどき(福島県いわき市)にて開催。
そこにはLEDデュアルヘッドライトを備えたフェアリングを持つ
真新しい新時代のアフリカツインが待っていた。

エンジンもフレームも完全新設計。新開発のスチール製セミダブルクレードルフレームに、
『CRF450Rなど』レーシングマシンで培ったノウハウを活かす
ユニカムバルブトレイン機構を採用する排気量998ccのパラレルツインエンジンを搭載。
270度位相クランクシャフトと2軸1次バランサーにより、
卓越したトラクション性能を実現するとともに、心地良いパルス感を生み出すことに成功している。

【ホンダ アフリカツイン】完全新設計のオフローダー、DCT仕様も
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。