ヤマハ ボルト、車体色とタンクロゴ一新で新たな魅力…全3色の設定

1017534.jpg

「スターシリーズならではのボバースタイルと、市街地走行の楽しさ」をコンセプトに、
2013年12月にデビューして以来、
順調なセールスを続けるヤマハの空冷Vツインクルーザー『XVS950CU BOLT(ボルト)』シリーズ。

2月10日に新発売したばかりの最新型は、3つある車体色を一新した。

まず、スタンダードモデル(XVS950CU BOLT/89万9640円)には、
シックな「ダルパープリッシュブルーメタリック」(ブルー)を設定。
トラディショナルなティアドロップ型の燃料タンクに入る「BOLT」のロゴも新しい。

ヤマハ ボルト、車体色とタンクロゴ一新で新たな魅力…全3色の設定
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。