ヤマハのスノーモビル、国内総需要は年間600 - 800台…北米、欧州、ロシアで人気

1017428.jpg

ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)が総合リゾート施設であるタングラム斑尾(長野県)にて、
スノーモビルの試乗会を開催した。

1968年に『SL350』を発売して以来、ヤマハは国内唯一のスノーモビルメーカーで、
現在では3機種の4ストロークモデルと、1機種の2ストロークモデルを国内向きにラインナップしている。

ヤマハによると、スノーモビルの世界の総需要は、
アメリカがトップで40%、カナダが35.2%と、北米2か国だけで大半を占める。
次いでロシアが13.1%、欧州が11%となっており、その他の地域はわずか0.1%にしか過ぎないという。

ヤマハのスノーモビル、国内総需要は年間600 - 800台…北米、欧州、ロシアで人気
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。