トライアルはトニー・ボウ10連覇へ…ホンダ2016年モータースポーツ体制

1015524.jpg

ホンダは2016年のモータースポーツ参戦体制を2月12日に発表した。
トライアルのワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」は、
今季もトニー・ボウ(スペイン)、藤波貴久(日本)、ハイメ・ブスト(スペイン)の3名体制。
1~3月に行われるインドアの「Xトライアル」、
4~9月のアウトドア「トライアル世界選手権」の2つに参戦する。

昨季までインドア、アウトドアともに前人未到の9連覇と、
圧倒的な強さを誇るトニー・ボウが10連覇の偉業を狙うのはもちろん、
通算300戦を迎える藤波貴久、昨シーズンの開幕戦で2日間とも6位入賞を果たす鮮烈デビューの
ハイメ・ブストがワークスマシン「COTA4RT」で参戦。
目指すのは11年連続のコンストラクターズタイトル獲得だ。

トライアルはトニー・ボウ10連覇へ…ホンダ2016年モータースポーツ体制
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。