【JNCC】世界最高峰のレースを経験した小池田猛、KTMでカムバック

1000454.jpg

牧場やスキーゲレンデなどの広大なエリアを占有して、
刻々と変化する路面状況に対応しながらスピードを競う、
モトクロスともエンデューロとも異なる
オフロード・モータースポーツの花形のひとつがクロスカントリーレースだ。

日本でも年々その人気は高まるばかりで、その頂点となる「JNCC」(全日本クロスカントリー選手権)では、
会場によっては600台を大きく超えるエントリーを集める規模に育っている。

そのJNCCで2008~2010年の3年連続チャンピオン小池田猛選手が、2012~15年の4シーズン、
世界中から腕に覚えのあるライダーが集まる
アメリカの「GNCC」(Grand National Cross Country)への挑戦を終え、帰国した。

【JNCC】世界最高峰のレースを経験した小池田猛、KTMでカムバック
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。