【YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW 2015】ヒートアップするカスタムショーにHARLEY-DAVIDSONとBMW Motorradがエントリー:青木タカオ

001.jpg

24回目となるYOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW が2015年12月6日(日)、
パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にておこなわれ、1万5000人の来場者で賑わった。

主催するMOON OF JAPAN(神奈川県横浜市)の発表によれば、
Motorcycle Show 650台、Car Show 300台、Vendor Booth 270枠を数え、
会場はカスタムファンの熱気に包まれた。

今回の大きなトピックスは、ハーレーダビッドソンがブースを出展してきたことだ。しかもどでかく、「遅すぎた...」なんて言わせないセンセーショナルなデビューを飾ったと言えよう。カスタムショーに相応しくノーマル車両の展示は一切なく、STREET750をベースにしたカスタムばかり総勢17台を一挙にディスプレイしたのだ。

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)の担当者は言う。
「カスタムは我々のDNAであり、こうしたシーンに我々はずっと存在してきましたし、
これからも後押ししていきたいと思っています」と。

【YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW 2015】ヒートアップするカスタムショーにHARLEY-DAVIDSONとBMW Motorradがエントリー:青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。