ストリート750なら乗りたいと思った【Virginharley.com 桜井 文子(2015 STREET 750)】

01-1_20151221230942b6f.jpg

「いままでハーレーに乗っていなかった新しい層にも乗っていただきたい」

今年2月、ハーレーダビッドソンジャパンがストリート750を日本でも導入・発売するのにあたって開催した
プレスカンファレンスの席で、マーケティングリーダーが言っていた言葉だ。

桜井さんはまさに、そんなユーザー。
「わたし、速いバイクが好きなんです」
と本人が言うとおり、いままでの愛車は“ストリートファイター”とも呼ばれる
欧州ブランドの最新型スポーツネイキッド。
身長は152センチ。
バイクを選ぶとき、重量感のあるハーレーはまず候補から外していたという。

「ネットや雑誌でストリートを見たら気になり試乗してみたんです。
すると取り回しも苦にならないし、走りも軽快。欲しくなってしまいました」

4月に納車されると、1ヶ月ほどで早くも1,700キロを走行。
仲間たちと新鮮な魚を食べに行ったり、
週末になるととにかく乗って、各方面へのツーリングを楽しんでいるからだ。

ストリート750なら乗りたいと思った【Virginharley.com 桜井 文子(2015 STREET 750)】
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。