アクセル開け始めのドカンとくる力強さが◎…青木タカオ【ドゥカティ スクランブラー アイコン 試乗】

992888.jpg

『モンスター796』から受け継いだ803ccの空冷Lツインは、
スロットルレスポンスが鋭く、アクセルを開けるのが楽しい。
ガバッと開けてやれば、フロントがポンと浮くほど力強いのだ。

低中回転域からトルクがモリモリで、街中でのストップ&ゴーの繰り返し、ただそれだけで面白い。
車体が軽いし、ライディングポジションもアップライトだから、気軽に乗れるのがいい。

高めのギヤを使って、Lツインならではの鼓動感を楽しみつつノンビリ走っても楽しいし、
高回転まで引っ張り上げてガンガン走っても音を上げない。
ワイドレンジで神経質さがなく、ビッグバイクビギナーにも馴染みやすいだろう。

【ドゥカティ スクランブラー アイコン 試乗】アクセル開け始めのドカンとくる力強さが◎…青木タカオ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。