【ホットロッドショー15】熱気にあふれたカスタムの祭典、来場者数は1万5000人

991027.jpg

アメリカ発祥のカスタムカー&バイクの祭典、「ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2015」。

24回目となる今年も12月最初の日曜日(6日)、
パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にておこなわれたが、
その来場者数が1万5000人だったことが、
主催者であるムーン オブ ジャパン(神奈川県横浜市)の発表によってわかった。

出展車両数はバイク650台、クルマ300台で、
衣類やミニカー、バイカーアイテムなどが売られるベンダーブースは270枠と今年も大盛況。

さらに、複数のバンドが一日を通してステージで熱いライブを繰り広げたほか、
3mX3m のスペースで写真やアートの展示ができる小さな個展、
Collectivities Alley 30枠などもあり、見どころ満載となった。

【ホットロッドショー15】熱気にあふれたカスタムの祭典、来場者数は1万5000人
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。